公認会計士とは

公認会計士とは、監査、会計、経営コンサルティング等の業務に携わる職業専門家です。イギリスでは1845年に会計士協会が設立され、アメリカでは1896年にニューヨーク州で公認会計士法が成立されたのが契機で、全州に認められるようになりました。日本では、1948年に計理士に変わり、公認会計士法として認められたのです。欧米に比べると遅い成立と言えるでしょう。

計理士が比較的簡単になれたということで、知識、技能に優れていたとは言い難い状態だったことから、公認会計士は高い知識、技能を求められるようになったようで、その資格取得を難しくしたようです。。(2006年より変更)それでもまだ、三大難関資格(医師、弁護士、公認会計士)の一つとされ、欧米に比べるとその数は少ないようです。

公認会計士の試験合格のためには専門学校で講座を受ける人が多く、その多くは学業や仕事との両立をしながら、頑張っている人たちです。ご説明しましたとおり、難関とされる公認会計士の試験ですが、専門学校の講座は試験突破のためのコツをわかりやすく教えてくれるようで、定評があります。当サイトはこうした講座の情報も絡め、公認会計士の試験、試験合格のための講座について、分かりやすくお伝えいたしますので、ご興味のある方、公認会計士を目指されている方はご参考になさってください。皆様の試験合格を応援しております。